2017年06月28日

裸足でボールを蹴る!

images.jpeg

どうも

マッキーが小学生の頃

サッカーのコーチにいきなり「これからはシューズを脱いでキックの練習をしろ」

と言われたことがあります。

グランドは土だし裸足だから足の甲が痛くて(だんだん慣れてくるんですが)

みんなで文句を言いながら練習していた思い出があります。

コーチは子どもたちをイジメて楽しんでる。。。と思っていました笑

しかし!コーチはそんなひどい大人ではありませんでした!笑

最初は意味もわからずに裸足でボールを蹴っていたんですが、

だんだんキックの感覚が研ぎすまされていき、

なんとシューズを履いているときより強くていいキックを蹴れるようになったのです。

それまでピュルピュル笑 だったシュートはちゃんと足の甲がボールの芯をとらえられていなかったんですね

足の甲でボールの芯をとらえないキックをすると裸足だから痛いです笑

自然と一番痛くない足の甲でボールを蹴るようになっていきます。バシュッ!っと

それからしばらくしてシューズ着用許可が出され、笑

今度はシューズを履いてキックの練習をしたんですが、裸足で練習する前よりも断然キックが上達していました

ボールを蹴るのが楽しくて楽しくて感動したことを覚えています。

フットサルをプレーしていると良く素足感覚という言葉を耳にしますが、

キックにおいてもとても大切なことなんだと思います。

さすがに土のグランドでは足が痛いかもしれないので、人工芝など安全なコートでプレーすることがもしあれば

裸足でキックの練習をオススメします!

なんか胡散臭くなりましたが笑

本当に裸足キックの練習は効果的だと思います!!

怪我に気をつけてお試しあれ^^







posted by マッキー at 20:49| Comment(0) | ■地道に練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

普段の生活「〜ながら練習」でフットサルが上手くなる!


どうも!

いきなりですが、少し前

家にいながら〜ながらダイエットとか流行りましたよね。

主婦さんが家事をしながら痩せる!みたいなの笑

今回はそのフットサルバージョンをご紹介します!

マッキーオリジナルです笑


@靴下を履くとき、片足立ちをしながら履く。
脚の体幹を鍛えられ、キックのとき軸足がブレずにしっかり蹴れるようになります。

A電車で吊革を使わずに立つ。
足腰全体の体幹が鍛えられます。
ボディバランスが向上して身体の使い方が上手くなります。

B階段を上るとき、太もも裏の筋肉を意識して踵をしっかり地面につけながら上がる。
生活であまり使わない筋肉(ハムストリング)を鍛えられます。
走り負けしなくなるフィジカルがつきます。肉離れなどの予防にもなります。

C階段を降りるとき、一段ずつ素早く降りる。(危険だと感じたらやめること)
脚の細かく素早い動作により瞬発力がつき、敏捷性が高まります。

D部屋にいるとき裸足で過ごし、床に落ちているものを足の指を使って拾う。
足裏の神経が刺激され、繊細なボールコントロールができるようになります。足の指の感覚をつかむことでアジリティ(俊敏性)が高まり、特に方向転換などの質が向上します。


エブリデイフットサル!以上!
posted by マッキー at 21:54| Comment(0) | ■地道に練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

両足で蹴れる選手になるには?

sss.jpg

どうも!マッキーです!
寒くなってきましたね!
皆さん!ウォームアップ前の準備運動は大切ですよっ!

さて今回のテーマは「両足でボールを蹴れるようになるには」

両足でボールを蹴れるだけでプレーの幅がかなり広がります。

片方の足しか使わない選手はディフェンスをしていても片方だけ注意いておけば良いから楽なんです。
(メッシやマラドーナはすごすぎるので例外で笑)

では両足でボールを蹴れるようになるには具体的にどうしたらいいかというと

利き足でボールを蹴るときと全く同じ身体の動きで逆の足でもボールを蹴るです。

足だけ同じ動きをしていれば良いというわけではないです。

ボールを蹴るときは全身を使って蹴りますよね?

右足でボールを蹴るときは軸足の左足に力を込めて踏み込み、左手を高く上げてバランスをとり、右足を振り抜く。

左足でボールを蹴るときは、これと反対のことをすればいいだけです。

言葉にすると簡単ですよね?笑

でも意外と利き足と逆の足でボールを蹴ろうとすると、身体の使い方がわからなくメチャメチャなフォームな方って多いと思います。

さすがに今回は即席では上手くなりませんが足だけでなく全身の意識をするだけで、上達スピードは何倍も速くなると思いますよ!




posted by マッキー at 02:32| Comment(0) | ■地道に練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

対面パス

この練習は2人1組で向かい合ってパス、足裏トラップ、パス、足裏トラップをひたすら繰り返すだけです。

とんでもなく地味です!(笑)

しかしこれもボールを止めて蹴るという、フットサルにおいて最も必要な要素が詰まった練習!
というかむしろそのまんま!(笑)

慣れてきたら距離を伸ばしたり縮めたり、足のいろいろな箇所を使ってキック、トラップしてみたり、ダイレクトでパスをするのも良いでしょう。
posted by マッキー at 10:00| Comment(0) | ■地道に練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インアウトドリブル

これまた地味な練習ですが…ドリブルの練習です!
右足で親指、親指で左へ進み、小指、小指で右へ切り返し、親指、親指で左へ切り返し…

インサイドとアウトサイドをそれぞれ二回づつ使い、ジグザグドリブルをするのです。
慣れて来たら左足も同じように練習したり、タッチに強弱や緩急をつけてみましょう!

これを極めればメッシのようなドリブルができるようになるでしょう!(たぶん)

とにかく基礎が大事です!
これらに関しては即席で上手くなる方法はありません!
地道に頑張って上手くなりましょう!
posted by マッキー at 10:00| Comment(0) | ■地道に練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフティング

ここからは前述の意識や考え方ではなく、実際にボールコントロールが上達する練習法を紹介していきます!
必要最低限だけど、これだけ極めたらもう最強になれるという3つの練習を紹介していきます!

まずはじめにリフティング!
基本中の基本です。
リフティングの下手な上手い選手はいません!
リフティングがうまくなるとボールコントロール全体の向上、特に浮き球のトラップ技術などが向上します。またキックの強弱の調整もできるようになります。

まずは5回できるように練習しましょう。
5回できたらもう10回はできます。
10回できたら100回はできます。
100回できたらもう何回でもできます。

大げさに聞こえるかもしれないですけど、本当です。
リフティングはやれば誰でも上達するので、とりあえず暇だったらリフティングをしておきましょう(笑)

本当にリフティングは重要ですよー!
posted by マッキー at 10:00| Comment(0) | ■地道に練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。